【ぺパクラ】_ハンドパーツセット

今年も、
キットを組み立ていただく際のサポートパーツを準備するべく進めています。

昨年の「C3AFA-TOKYO」では、「インレタを含めたマーキングセット」 を準備しました。
今年はこれに追加して2品種ほど準備しています。

その一つが

『ハンドパーツセット』

です。



全高30センチ前後でロボットもののペーパークラフトを作り初めて4年ほど経ちました。
作品数も20を超えています。

そんな4年間で完成写真もたくさんいただきましたし、
イベント会場でもいろいろなご意見をいただきました。
ご意見で多かったモノの一つが

「手のポーズ」

に関するご意見です。

「グッと握った拳が欲しい」

というご意見の他、いろいろなご意見をいただきました。


そこで、手の表情が違うものを4種セットにしたサポートパーツの販売をします。
C3AFA-TOKYOの会場では完成見本も展示します。
準備数量は少数ですが、悩んでいる方はこの機会にご検討ください。



では、詳細をご紹介いたします。



■手の表情が4種セット
画像


 1).銃を握る手
    各キットに標準で付属するものと同等なものです。
    人差し指の先が引き金にかかるポーズです。
画像

画像


 2).長い武器を握るときの手
    「GM-2 セミストライカー」のキットに標準で付属するものと同等なものです。
    手首の部分を大きくひねっているポーズです。
    ランサーやスピアを持てるように、指の握り方も銃を握る時よりも狭くなるようになっています。
画像

画像


 3).強く握った拳
    新規に設計したものです。
    手首の角度も内側に少し曲がった角度で、力強さを表現しています。
画像

画像


 4).開いた手
    新規に設計したものです。
    手首の角度は「銃を握るときの手」と同じです。
画像

画像





ロボット形のキットにはほぼ全数に武器類が付属します。
その為、左右の手がどちらも「銃を握るときの手」になっていますので、
銃を持っていないときは軽く握った拳形状になります。

銃を持っていない方の手については、
「握った拳」や「開いた手」をつけると、
このブログの完成見本ギャラリーよりも自然なポーズに仕上がると思います。



各部品のサイズや形状はそろえてあります。
応用としては、
「手首の角度」と「指の表情」を交換して組み立てることもできますので、
ここにご紹介した写真以外の組み合わせもできます。


価格は、できるだけ安価に抑えるよう検討しまして、
手の4種セット(左右合計で8個の手が含まれます)で

1,000円

となります。



さて、イベントまであと1週間と少し。
引き続き、頑張りマス!





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック