【1/60_GUNDAM-FA】_補足説明と誤記訂正のご案内


1/60ガンダムについて、組み立てを開始されている方もいらっしゃると思います。
補足説明と誤記の訂正情報を、ご案内いたします。



■シート[A-2] についての補足説明

 ◇部品A8について、その1
  ノリシロに似た形状の部分がありますが、ノリシロではありません。
  詳細は、画像をご確認ください。 
画像


 ◇部品A8について、その2
  部品「A8」は『右脚用』と『左脚用』の2種類があります。前後の向きもありますので、間違えないように注意してください。
  また、下図の赤色部分には「×マーク」が付いていませんがノリシロです。ノリを付けてしっかりと固定します。
  詳細は、画像をご確認ください。 
画像




■シート[G-5] についての補足説明

 ◇部品「G68」について
  部品「G68」はテクスチャーや取付目安位置の描き込みが沢山あるため、折線が見にくい部分があります。
  補足説明用の画像を準備しました。詳細は、画像をご確認ください。 

画像




■シート[L-1] についての誤記訂正

 ◇部品「L2」の折線の位置が間違えています。
  折線の位置を、下記画像のように訂正いたします。
  ※部品「L1」と「L2」は対称形状です。
  ※冊子版の組立説明書に応募いただいた方には、説明書と一緒に訂正版のシート「L-1」が同梱されます。
  詳細は、画像をご確認ください。 
  

画像





■組立に利用しているボンドについて
 木工用ボンドでもかまいませんが、私が利用しているボンドをご紹介させていただきます。
 「Gクリア―」というボンドです。


ボンド Gクリヤー 50ml #14333
コニシ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボンド Gクリヤー 50ml #14333 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ダイソーだと100円で買えます。
ホームセンターなら89円くらいだと思います。

 納豆のように糸を引く時があるので使うには少しコツがいりますが、
接着力が強く、比較的長い時間べたべたした状態を維持できるので、ゆっくりと組み立てを行うことができます。
 イメージとしては、同じゴム系接着剤の “ペーパーセメント” に似た感じです。
 ぬって半乾きになるとベタベタした状態が長時間維持します。ゴム系の接着剤は紙に染み込む率が低いので、ボンドがはみ出した時はつまようじみたいなものでくるくる巻きとることでボンドをはがせます。

 木工用ボンドだと、すぐに貼り合わせないとボンドが乾いてしまうので、手早い作業が必要になることがあると感じています。
 慎重に組み立て作業を行うにはゆっくりを作業したいので、ボンドのベタベタした時間が長時間維持できる方が便利だと感じました。そんな訳で、「Gクリア―」を使いことが多いです。
 ボンド選びの参考になれば幸いです。




組立についての不明点、疑問点等がありましたら、ペパクラサポートもアドレスまでご連絡ください。
紳士に対応させていただきます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ 妖怪ウォッチ(アニメ)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック