【ペパクラ】_RX-78_その36

『1/35 RX-78-3 "G3"GUNDAM ~Opened the full hatch~ powered by Tar-kun』 のギャラリーです。



この作品は、ペパクラビルダーのたーくんさんによって展示専用に作られたものです。
先にギャラリー公開した
『1/35 RX-78-2 GUNDAM ~Opened the full hatch~ 』の販売用キットをベースに、
独自の改造等が全身に盛り込まれた秀逸な作品です。


--------------------

■制作年月
 2013年8月完成
 ※キャラ×ホビ2013にて展示。(販売はありません)


■作品サイズ
 頭頂高:51.5 cm (18mの1/35スケール)


■用紙:A4サイズ・キュリアスメタル、NTラシャ、スタードリーム、オフメタル、スペシャリティーズ 他多種
      ※マーキング再現用に
        『特注のドライデカール(インスタントレタリング・白色)』
        を使用。
       ※コアファイターのキャノピー再現用に、透明部品を採用。
       ※動力パイプの再現用に、特殊なロープを使用。
       ※各部に電飾装置を内臓。
       ※目やカメラ部は3Dホログラムシートと透明フィルムの積層材で表現。
       ※各部の小さなマーカーライト類はシルバー鏡面シートと透明フィルムの積層材で表現。
       ※各部のコーションラベルを、独自に作ったカラー印刷のミニチュアラベルで再現。


■完成写真
 ◇全身(展示状態)
画像

画像

画像




 ◇全身(両腕に装備状態)
画像

画像

画像




 ◇頭部&胸部
画像

画像

画像

画像

画像

画像




 ◇バックパック
画像

画像

画像

画像




 ◇武器類
画像

画像

画像

画像

画像




 ◇腕部
画像

画像

画像

画像

画像

画像




 ◇脚部
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像





 ◇腹部
画像

画像

画像

画像

画像



-------------

こだわりのポイント

 カラーリングは、細部にいたるまでたーくんさんの独自のアイデアが詰まっています。
 電飾や透明フィルムなどの独自素材等、たくさんのアイデアが詰まっています。
 できるだけ多くの写真を掲載するよう心がけましたので、じっくり見ていただければ幸いです。

 ◇感謝
 たーくんさんには無理な願いであると承知の上でご相談をしたのですが、
 お力をお借りできて感謝です。本当にありがとうございました。
 素敵な仕上がりになりました。


■今後と反省
 G2とG3の両方をフォローすることになったわけですが、
時間的にはかなり厳しかったです…。
展示モデルということなら2モデル同時にやれるかなと思ったのですが、それは甘い考えでした…。
本当は、このG3はフル装備で展示する構想だったのですが、私の作業が遅すぎて武器類の展開図の準備が間に合わず、バズーカもライフルも無しになってしまいました。本当に、申し訳けなく思います。
…私には、年間1作品が限界だとわかりました…。

 お仕事もかなり忙しいのですが、
ワクワクできて、自分の想いをカタチにできるような、
そんな作品を一つでも多く作って行きたいと思います。
一つずつ、少しずつでも進めていくようにがんばります。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ メカ・ロボットイラストへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2013年09月17日 22:18
手違いで記事を削除してしまいましたので、再掲載いたします。
文字原稿は何を書いたのか覚えていないので、初期に掲載したものとは違っていると思います。
※思い出したら修正&加筆していきます。
たーくん
2013年09月17日 23:46
こちらこそ、今年もとてもいい経験をさせていただきました。
他の展示品を組まれた方々ほど上手くないので研鑽していく所存です。(ペコリ)
2013年09月18日 07:37
> たーくんさん
無理を聞いていただき、ありがとうございました。
素敵な仕上がりでした。
G3はもう少し続きがあるので、引きつづきお力をお借りできれば幸いです。

この記事へのトラックバック