I.T.E.M. ENTERTAINMENT

アクセスカウンタ

zoom RSS 【1/60_Z-GUNDAM】_その15

<<   作成日時 : 2017/04/16 09:49   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

胸から膝まで出来上がりました。



今年のゼータガンダムもいろいろてこずっていますが、
たーくんさんのご支援で、着実に設計が進んでいます。

胸から膝部分までの試作品が組み上がりました。
ここまで組み上がってくると、ガンプラとは解釈が異なるデザイン&造形であることがわかってくるかなと思います。

写真をいただきましたので、
ご紹介いたします。



■全体
画像

画像

画像




■細部
画像

画像

 太股も膝関節も、独自な解釈でデザイン&造形しています。
 太股は、腰部の装甲板の隙間から太股と胴体の付け根が見えるので、
独自な造形を追加しています。
特に太股後方には、腰部アーマーと同様な角型バーニアを追加装備しています。



■内部
 腰の装甲板があると、太股やひざ関節がよく見えないので、
胴体部分を外した写真もご紹介します。

 
画像

 股関節を構成するアクチュエータも造形されています。
 金属的な鏡面光沢紙やその他メタリック光沢のある紙を複数利用することで、
メカニックな質感も再現しています。

 
画像

画像

 全身が組み上がると腰部装甲板で隠れて見えませんが、
背面から見ると、太股部分には角型バーニアを確認できます。
複雑なギミックを有する可変MSであることを強調するために、
こんな独自解釈のディテールアップも行っています。
 膝関節部分は、TV版のシルエットを維持しつつ、メカニックな小さい部品を複数組み合わせて表現しています。
TV版のデザインでは、2枚の板の間に動力パイプがあるのですが、
稼働率の高い部分にパイプが露出しているのは望ましくないと感じるので、
関節構造を現在ふうに再解釈してデザイン&造形しています。
写真では確認しにくいですが、この膝関節部分は 『3重関節』 だと解釈しました。
MS形態では2重関節で動き、WRへの変形用に追加で1個関節を足しています。
 ※デザイン的にはこんな解釈をしていますが、
  今回の作品は「無可動のディスプレイモデル」なので、変形&可動はしません。 


■膝関節部の細部
 膝関節部はメカニックな造形にこだわったので、アップの写真もご紹介いたします。
画像

画像

画像





 現在の設計進度ですが、修正日程からさらに数日遅れています。
足首部分のフレームを外装の中に収めるのに少々てこずっています。
かなりスレンダーな足と脚にデザインしたことが原因だと思われます…。

 今からデザイン変更はできないので、なんとか打開策を考えたいと思います。


 締切日が着実に迫ってきますが、最後まであきらめずに頑張ってみます。






機動戦士Zガンダム Part I ― メモリアルボックス版 [DVD]
バンダイビジュアル
2007-11-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 機動戦士Zガンダム Part I ― メモリアルボックス版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【1/60_Z-GUNDAM】_その15 I.T.E.M. ENTERTAINMENT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる